春の七草、ハコベラ | 熊本の公園|熊本市水前寺江津湖公園(すいぜんじえづここうえん)

スタッフブログ

春の七草、ハコベラ

 

こんにちは、水前寺江津湖公園です。

今日は昨日に引き続き、春の七草のお話を。

春の七草のひとつ「ハコベラ」とは、ハコベのことです。

といっても、ハコベには種類があります。

江津湖ではコハコベ、ミドリハコベ、ウシハコベなどを観察できます。

七草のハコベは、コハコベやミドリハコベのことのようです。

 

となると、結局昨日のコオニタビラコ同様、似た植物を見分ける作業がいるわけです(^^;

 

 

昨日もいいましたが、この時期花は咲いていません。

かといって、コハコベ、ミドリハコベ、ウシハコベを葉っぱだけで見分けるのは非常に困難です(たぶん無理だと思います)。

花が咲いていれば、花の花柱の数で見分けることができます(コハコベ、ミドリハコベは3本、ウシハコベは5本)。

 

昔の人は葉っぱだけでどうやって見分けていたのでしょうか。気になります。

 

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ