シオカラトンボ(塩辛蜻蛉) - [公式]水前寺江津湖公園|熊本市の公園熊本の公園|熊本市水前寺江津湖公園(すいぜんじえづここうえん)

スタッフブログ

シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)

 

こんにちは、水前寺江津湖公園です。

今日は暑い1日となりそうです。体調管理にはお気を付けください。

・・・・・

園内でよく見かけるトンボ、シオカラトンボです。

オスは灰白色の粉におおわれており、これを「しお」に見立てたのが名前の由来だそうです。

メスは体色が麦わら色をしているため、ムギワラトンボとも呼ばれます。

しかし、羽化したてや未成熟のオスでも麦わら色をしているので、なかなか判別しにくいです。

オスは、以前紹介しましたコフキトンボとよく似ています。

飛んでいるものを見てもなかなか判別は難しいです。

シオカラトンボはどちらかというと平たい面に止まる印象です。コフキトンボは枝先に止まるイメージでしょうか。

シオカラトンボとコフキトンボはともに水辺で見ることができます。見比べてみて下さい。

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 江津湖のblog・動植物

  • instagram

     
  • facebook

     
  • モバイルご意見箱