春の七草・ハコベラ - [公式]水前寺江津湖公園|熊本市の公園熊本の公園|熊本市水前寺江津湖公園(すいぜんじえづここうえん)

スタッフブログ

春の七草・ハコベラ

こんにちは、水前寺江津湖公園です。

春の七草のひとつハコベラ、正式名称はハコベです。
といっても、ハコベにもいろいろありますので、江津湖で観察できるハコベを紹介します。

まずはミドリハコベとコハコベ。

ハコベを見分けるポイントは、まずは花の中心の花柱といわれるところの本数を数えることです。

ウシハコベ

上写真の赤丸の本数です。本数というよりは何本に分かれているかといったほうが分かりやすいかもしれません。
ミドリハコベとコハコベは3本あります。
本数が同じミドリハコベとコハコベは、茎の色が少し違います。ミドリハコベは緑色が強く、コハコベは紫色を帯びています。
ミドリハコベは在来種、コハコベは帰化植物となっています。

3つ目はウシハコベ。

ウシハコベの花柱は5本です。ここを見るだけで、ミドリハコベとコハコベとは区別できます。

以上3種が、江津湖で見ることのできるハコベの仲間です。
もしかしたら他にもあるのかもしれませんが、この3種の名前だけでも覚えていただけたらと思います。

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 江津湖のblog・動植物

  • instagram

     
  • facebook

     
  • モバイルご意見箱