アズマツメクサ(東爪草)とオオアブノメ(大虻眼) - [公式]水前寺江津湖公園|熊本市の公園熊本の公園|熊本市水前寺江津湖公園(すいぜんじえづここうえん)

スタッフブログ

アズマツメクサ(東爪草)とオオアブノメ(大虻眼)

自然観察園 (2)

こんにちは、水前寺江津湖公園です。

本日の熊本市は気温も30度に達したようで、思わず水辺に足が向かいます。

そこの植物をご紹介です。

アズマツメクサと言います。非常に小さな植物で、水田や湿地帯の減少から希少種となっています。

多肉質な葉が可愛らしい、熊本では江津湖だけでしか確認されていない植物です。

 

この非常に小さな白い花をつけているのはオオアブノメ。

湿地帯に好んで生育しますが、やはり近年数が減少し、こちらも希少植物です。

ちなみに、オオアブノメの下に見えるのは以前にもご紹介したキタミソウです。

この環境は、希少植物が生育できる環境が保たれていると言えます。

 

・・・

 

まだまだミズアオイウマスゲなど、美しさや特徴的な姿など、江津湖の湿地帯には、記憶にとどめるに値する希少植物が多くあります。

以後も季節の推移とともにみなさまにご紹介していけたら幸いです・・・

自然観察園 (1)

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 江津湖のblog・動植物

  • instagram

     
  • facebook

     
  • モバイルご意見箱