ヒガンバナ(彼岸花)とナミアゲハ(並揚羽) - [公式]水前寺江津湖公園|熊本市の公園熊本の公園|熊本市水前寺江津湖公園(すいぜんじえづここうえん)

スタッフブログ

ヒガンバナ(彼岸花)とナミアゲハ(並揚羽)

こんにちは、水前寺江津湖公園です。

広木地区のヒガンバナルートを歩いていると、群生するヒガンバナへナミアゲハが飛んでいきました。

 

ヒガンバナとナミアゲハ (5)

蜜を吸っているその姿は、赤い花の背景に良く溶け込んで調和的な雰囲気を演出しています。

 

中村汀女が詠んで曰く、

『曼珠沙華 抱くほどとれど 母恋し』

 

そのうえで、ヒガンバナの周りを無邪気に舞うナミアゲハを見ていると、さあどうでしょう。

望郷の念がふと胸に宿り、焦燥に駆られるようです。

もちろん、わかっちゃいるが・・・と言う方もいらっしゃるでしょうが、

親孝行には遅すぎたということはあっても、早すぎるということがないのであればなおのこと。。。

 

・・・

 

ちなみに、ヒガンバナには色々なアゲハがやってきます。

たとえば、ナミアゲハと良く似たキアゲハの違いは、羽の付け根の部分にある模様。

明らかなラインがあればナミアゲハ、ぼんやりと塗りつぶされているようならばキアゲハです。

よろしければ、コチラをご参考にどうぞ。

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 江津湖のblog・動植物

  • instagram

     
  • facebook

     
  • モバイルご意見箱