シオカラトンボ(塩辛蜻蛉) - [公式]水前寺江津湖公園|熊本市の公園熊本の公園|熊本市水前寺江津湖公園(すいぜんじえづここうえん)

スタッフブログ

シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)

こんにちは、水前寺江津湖公園です。
蒸し暑くなってきました。もうすぐ梅雨入りするのかもしれません。

園内でシオカラトンボを見かけるようになりました。
オス、メスと色が違います。

オスは灰白色の粉におおわれており、これを「しお」に見立てたのが名前の由来だそうです。
メスは麦わら色をしているため、別名ムギワラトンボとも呼ばれます。
以前紹介しましたコフキトンボと似ていますが、シオカラトンボの方が少し大きいのと、眼の色の違いで見分けがつきそうです。
また、とまり方も、シオカラトンボは少し平べったい場所(地面や石の上)に好んでとまるので、そこでも見分けられそうです。