ナンキンハゼの実 - [公式]水前寺江津湖公園|熊本市の公園熊本の公園|熊本市水前寺江津湖公園(すいぜんじえづここうえん)

スタッフブログ

ナンキンハゼの実

こんにちは、水前寺江津湖公園です。


ナンキンハゼです。

ナンキンハゼの実を食べに、ジョウビタキやムクドリ等の野鳥を目にすることがあります。

今は、サイクリングロード近くに木があり実を落としているのですが、
歩いたり、自転車で通るたびにサクサク、種や殻がつぶれる音がします。
主役の落ち葉が園路でふまれるまでの代役、秋の音ですね。

 

そういえば、熊本県はハゼノキによる和ロウソク生産量が日本一という名誉を持っていますが、

このナンキンハゼの実を利用しても、ロウソクを作ることができます。

なお、ハゼノキ(ウルシ科)とナンキンハゼ(トウダイグサ科)は異なり、ナンキンハゼという名前も、ハゼノキの様にロウソクの材料になる中国原産の木、というところからつけられているそうです。