Persian speedwell と Ivy-leaved speedwell - [公式]水前寺江津湖公園|熊本市の公園熊本の公園|熊本市水前寺江津湖公園(すいぜんじえづここうえん)

スタッフブログ

Persian speedwell と Ivy-leaved speedwell

こんにちは、水前寺江津湖公園です。

 

下江津地区・江津斉藤橋付近の園路沿いに咲く大変小さく可愛らしい、オオバコ科クワガタソウ属の花を2種見つけました。今日は訳あって、英名のタイトルです。一方は濃い青色、かたや淡い紫色をしています。

オオイヌノフグリ (4)
Persian speedwell

 

辞書を引くと「speedwell」とはクワガタソウの意味を持ちます。

というわけで、「Persian speedwell」、「ペルシアの地に咲くクワガタソウ」という事になりますが、

和名が実にふるっていて、オオイヌノフグリ(大犬陰嚢)、耳に聞けば尋ねなおし、困惑・狼狽しそうなものです。

 

これを気の毒に思った人がいたのか、別名も与えられていて、それがルリカラクサ(瑠璃唐草)、耳に聞けば心豊かになる美しさですが、同じ別名を持つ他の植物もあり、競争が激しそうでもあります。

 

・・・

 

Ivy-leaved speedwell

 

そしてこちら「 Ivy-leaved speedwell」、この英名は「ツタの葉様のクワガタソウ」という程度の意味をもつのでしょう。和名フラサバソウと言いますが、別名がツタバイヌノフグリ(蔦葉犬陰嚢)と言います。正式な和名が気に入らなかった人がいたのか、この英名に近い別名に込められた強い意志を感じずにはいられません。

 

・・・

 

オオバコ科クワガタソウ属のイヌノフグリという現在では希少になった植物があり、上記はいずれもその近縁かつ似ているための命名と言われています。もともとのイヌノフグリの名づけ親は、日本における近代植物分類学の父・牧野富太郎氏です。3か月前に、同じく氏の命名の植物を当ブログで取り上げました。聞けば忘れぬだろうこれら植物の和名、名づけられた側は知名度向上の観点からのみ牧野氏に感謝しているかもしれませんが、言いたい文句の一つや二つあるやもしれません。氏はすでに歴史の人となっているので、代わりに道行く我らが聞いてあげたいものです。。。

 

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 江津湖のblog・動植物

  • instagram

     
  • facebook

     
  • モバイルご意見箱