ハンゲショウ(半夏生・半化粧) - [公式]水前寺江津湖公園|熊本市の公園熊本の公園|熊本市水前寺江津湖公園(すいぜんじえづここうえん)

スタッフブログ

ハンゲショウ(半夏生・半化粧)

 

こんにちは、水前寺江津湖公園です。

暦の上では昨日(7月2日)が半夏生でした。6月21日の夏至から数えて11日目。季節の変わり目として、農作業の大切な節目であり、田植えも半夏生までに終わらせるものとしてそれを過ぎると秋の収穫が減ってしまうと言われています。

ということで、半夏生の頃に花を咲かせるといわれている植物のハンゲショウの紹介です。

 

 

 

ハンゲショウの名前の由来は、「暦の半夏生の頃に花を咲かせるから」という説と「葉の一部の色が化粧をしたように白く変化する(半・化粧)」という説があります。

一面に咲いているハンゲショウをみると、とてもきれいですね。

熊本県では数の少なくなっているハンゲショウ、江津湖にお立ち寄りの際には観察してみて下さい。