ハンゲショウ(半夏生・半化粧) - [公式]水前寺江津湖公園|熊本市の公園熊本の公園|熊本市水前寺江津湖公園(すいぜんじえづここうえん)

スタッフブログ

ハンゲショウ(半夏生・半化粧)

こんにちは、水前寺江津湖公園です。
今日は、夏至から数えて11日目の半夏生となります。季節の変わり目として、農作業の大切な節目であり、田植えも半夏生までに終わらせるものとして、それを過ぎると秋の収穫が減ってしまうと言われています。
ということで毎年紹介していますが、半夏生の頃に咲く花、ハンゲショウの紹介です。

ハンゲショウの名前の由来は、「暦の半夏生の頃に花を咲かせるから」という説と、「葉の一部の色が化粧をしたように白く変化する(半・化粧)」という説があります。
よくしたもので、江津湖のハンゲショウも名前の通りちょうど見頃となっています。花もよい香りがし、葉っぱの白色と相まってとても見ごたえがあります。
広木地区から動植物園南門に向かう園路の途中(ボート部の艇庫があるトイレの近く)の水路で観察できますよ♪

  • カテゴリー

  • 月別アーカイブ

  • 江津湖のblog・動植物

  • instagram

     
  • facebook

     
  • モバイルご意見箱