オニタビラコ、ヤブタビラコ、コオニタビラコ - [公式]水前寺江津湖公園|熊本市の公園熊本の公園|熊本市水前寺江津湖公園(すいぜんじえづここうえん)

スタッフブログ

オニタビラコ、ヤブタビラコ、コオニタビラコ

こんにちは、水前寺江津湖公園です。
今日は名前に「タビラコ」と付く植物の紹介です。江津湖で観察できるものを紹介します。

オニタビラコ、ヤブタビラコ、コオニタビラコです。

ともに黄色い花を咲かせます。簡単な見分け方は、オニタビラコは立ち上がっている印象で、ヤブタビラコとコオニタビラコは地をはっている印象でしょうか。
同じ地をはう印象のヤブタビラコとコオニタビラコは、コオニタビラコの花びらの数が少ないことで見分けがつきます。

コオニタビラコは春の七草のひとつで、1月の時期は花が咲いていませんので、探すのにとても苦労しました。葉っぱの形を見ながら探すのですが、ヤブタビラコとコオニタビラコの区別が非常に難しいです。しかし花が咲いていると、とても簡単に見分けることができます。

3種とも江津湖では一般的な植物です(コオニタビラコは少ない印象です)。違いを見ながら探してみるとおもしろいですよ。